最近、テキストマイニングを試してたり。

Rのライブラリのインストールで時間くったのでメモ。

Rでライブラリをインストールする場合、普通は↓。
install.packages("ggplot2")

自宅とかだとこれでいいんだけど、会社とか外部への接続が
わんさか切られてるとことかだとムリ。

プロキシの設定をちゃんと通せばいけるらしく、試してみたけどムリ。
ちなみにやってみたのは↓。

Rのコンソールを起動後に
Sys.setenv(http_proxy="http://プロキシサーバ:ポート")
認証がダメかと思い↓でやってみる
Sys.setenv(http_proxy="http://user:password@プロキシサーバ:ポート")

これも失敗。

なので、パッケージを直接手でダウンロードしてそれからインストールした。

欲しいパッケージの名前で「R CRAN パッケージ名」でググればCRANのページが出てくるので、
そこの「Windows binaries」のZipのどれかをダウンロード。たぶん「r-devel」か「r-release」あたり。
ぁ、OSはWindowsの話です。

Zipをダウンロードしたら”解凍しないで”適当なフォルダに置いて↓を実行

install.packages("[ダウンロードしたファイルのフルパス]", repos = NULL)

↓の感じ

install.packages("C:/R/ggplot2_1.0.0.zip", repos = NULL)

ただ、これだとライブラリの中でさらに使っているライブラリまではインストールできない。
なので、「library(ggplot)」みたいにすれば「このライブラリがねー」みたいなエラーが出るのでそれを頼りに
ダウンロード⇒インストール⇒エラー⇒ダウンロード⇒インストール・・・・をエラーで無くなるまで繰り返す。

めんどくさい。。。
まぁ、ネットワーク周りはハマると時間がかかるので、手っ取り早く使い始める方法。。。

あと、Windowsのアレなところで、ファイルを置いておくフォルダは下手に深い階層だったり、
日本語が含まれてると動かないまくりになるので、漢らしくCドラ直下くらいのフォルダに
置いておくのが吉みたいよ。。。