くりーむわーかー

プログラムとか。作ってて ・試しててハマった事など。誰かのお役に立てば幸いかと。 その他、いろいろエトセトラ。。。

その他もろもろ

プログラミング言語 最近の流行り廃り 2020

前に見てたの思い出したので今年(もう去年か)はどうなったのか確認してみた。2020のアンケートもそろそろ出るんじゃないかと思うんだけど、まだ2019までしかなさそうですね。


2020/5/28

と思ってたら昨日出てた。見た目すごい気合入ってる。

https://insights.stackoverflow.com/survey/2020


Googleトレンド

sample

まだ、Pythonの方が検索されてるのね。どこかでhaskelみたいな関数型やんなきゃダメだろーみたいな事言ってる人見たのでhaskelどんなもんかと思ったのですが、結構全然アレなのかしら。

StackOverFlowのアンケート(2020)

https://insights.stackoverflow.com/survey/2020

言語でまとめ

pg-order

フレームワークでまとめ

fr-order

プログラミング言語

sample-pg

去年からJavaをPythonが抜かしたのね。

WebFramework

sample-fr

jQueryは根強いですね。一時代を築いただけの事はある。レガシー的に残ってるのか、全然まだ第一線なのか。Angularも叩かれてる印象が強いのですが、使われ具合だとまだまだ健在?

MostLovedを見るとReactとVueがほぼっぽいし、jQueryはレガシー扱いになってそう?そもそも考え方違うしケースバイケース的なやつ?とりあえずの流行りはReactとVueでしょうか。

好きなフレームワーク

sample-loved-fr

嫌いなフレームワーク

sample-dreaded-fr

Database

sample-db

MySQLがちょっと復活。やっぱり一強。DBランキングだとOracle強いんだけど何でなんでしょ。対象にしてる人達が違うのかな?

MariaDBは個人的に頑張ってほしい。

Platform

sample-pf

開発者さんたちの環境的にはLinuxとWindowsって均衡してるんですね。世の中的にはWindowsダントツだったと思うけど。

そういえば、dockerってどうなんでしょ。たしか日本のdocker本番利用って15%くらいで伸び悩んでましたよね。あと、docker自体もクラウド環境での基盤?事業は売却して、開発者向けに注力するみたいなのをどこかで読んだ気がする。dockerは開発者さんのローカル環境で生き残ってく感じになるのでしょうか?CentOS8なんかも標準でPodmanになったみたいですし。先行き不透明。


Pythonの勢いはまだまだ健在?やっぱWebはjavascript祭りですね。ReactよりVue好きなんだけどなー。どっちも良いのですが。何かVueの方が好き。そういえば、nuxtのcore-js3.0で動かない問題はどうなるんだろうか。core-jsのメンテナ不在らしいですね。OSSのリスキーな面が推されちゃってる感じ。

あと、アンケート結果のMostLovedにも載ってたけど、Rustが割と良さそうな感じがするので、ちょっと本腰入れて使ってみようかな。。。

AWS CentOS8の公式イメージ

まだ無いらしい。

CentOSのForum上でも微妙に話題になってはいる。

誰かやってくれ~みたいな感じ?

今のところ、MarcketPlaceに2つの会社が上げてくれてる。コミュニティ上にも何個かはある。

ただ、公式イメージはない。

現状、自分でやる場合は↓の「CentOS-8-ec2-8.1.1911-20200113.3.x86_64.qcow2」使って自分でAMI登録しなさいって事みたい。

https://cloud.centos.org/centos/8/x86_64/images/

コミュニティ上のやつは、上げた人が自分用に作ってる感じなので、不要なパッケージとかも入ってたりするので、ちょっと微妙?まー十分ありがたいのですが。

日本人的に「公式」って言葉に弱いので、そろそろ対応して貰えると嬉しいんだけどなー。

あと、Stream版ってどうなんでしょ。開発に貢献したい人用な感じがするので、手を出すのはちょっと躊躇する。。。

VirtualBox CentOS7のディスクを拡張する

タイトル通り。やり方はググれば色々出てくるのですが、何となく古い気がするので記載。

コマンドで拡張して、OSに認識させてー。みたいな感じなのですが、

今のVirtualBoxなら拡張はGUIからいける。

ファイル⇒仮想メディアマネージャー。

vbox01

拡張したいvdi選択して、プロパティクリック⇒増やしたいサイズに変更して適用。

vbox02

これでディスクの拡張はおしまい。楽。

そしたら、拡張した分をOS側に認識させる。

CentOS7だったら、上記拡張後に左上のアプリケーション⇒ユーティリティ⇒ディスクで拡張分の

ディスクサイズが未使用領域として見えてるはず。これを使えるようにする。


ここから先は「root」でやる。

fdiskで対話的に作業する。これってGUIで作業できないんだろうか。。。


$ fdisk /dev/sda

コマンド (m でヘルプ): p  #テーブルの確認はp
コマンド (m でヘルプ): d  #dでいったん現状のメインのパーティションを削除
パーティション番号 (1,2, default 2): 2  #大体2番になってると思うけど↑で出た一覧参照
コマンド (m でヘルプ): n # 新しいパーティションを作成
Select (default p): p #プライマリ
パーティション番号 (2-4, default 2): # 2でよいのでエンター
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2099200-62914559, 初期値 62914559): #デフォでよいのでエンター
コマンド (m でヘルプ): w # 保存して終了

# 終わったらOS再起動

途中で削除してて、最初ビビったんだけど、設定変えてるだけだからデータは大丈夫らしい。

起動し終わったらLVMの再設定。

$ pvresize /dev/sda2
$ lvextend -l +100%FREE /dev/centos/root
$ xfs_growfs /dev/centos/root

早すぎる最適化 Computer Programming as an Art

クヌースさんのチューリング賞受賞時のスピーチ?

「早すぎる最適化は諸悪の根源」ってクヌースさんの割と有名な格言?みたいなものがある。

原本読むと、別にここだけが大事な話じゃないよね?って思ったのと、

色々思ったので残しておこう。

原本


最適化ってそこそこ広い意味があるように思う。

クラス構造を整理するのも最適化って言ったりするし、、、

クヌースさんが言うところだと、パフォーマンスとかメモリ効率の

チューニング的な意味だと思う。

で、そういう対応するためのコードってかなり複雑な処理になりがち。

「このメソッドの中でインスタンス化してるの無駄が多いかな~」

とか

「ここはこういう使われ方をする”かも”しれないからこうしておこう」

みたいな。

そういうことを初期の段階から考えるべきじゃないよって感じ?

最初から完璧な状態を作ろうとするんじゃなくて、変更とかテストが簡単に出来るように、

今この時点での要件を満たすようにコードを書くようにする みたいな。

必要なコトを必要な時に必要な分だけやる みたいな。

完璧なモノは最初から作れないんだから、変更しやすいように組んだ方が良いよね。

で、「ここは遅くなるかなー」って思ってたところでも、

実際にはたいして全体には影響がほとんどないでしょ。って事がよくある。

そういう推測だけでのあーだこーだには対して意味がないから、

作った後に、解析用のツールとか使ってどこにボトルネックがいるかを

ちゃんと実測してから性能的なチューニングをしようねと。

「推測より実測」が大原則だよねと。

っていう話だと思うのですが、そーはいっても、ある程度の性能的な観点は

最初っからやっといた方がよいと思う。

例えば、ループの中でSQL毎回発行して、画面開くたびに100回クエリ発行してるとか

ほったらかしにしてると、結構よく出てきません?

このくらいの意識は持った方が良いとは思う。

で、早すぎる最適化はそんな感じなんだけど、原本読んでみると、

それよりもぐっと来たのがあったのでそっちを書いておきたい。

『誰もが「最良の」スタイルは存在しないことを覚えておくことが最も重要です。』

つまりは、

『芸術は分かんないけど、これが好きなのはわかる』

って事。

コーディングのスタイルってたまに聞くけど、

良いスタイルとは何だろう、悪いスタイルは何だろう。

他の人が作った作品について厳しく批判するべきじゃないでしょう。

みんな自分の好みがあるからね。

他人の好みを「変革」するために自分の「偏見」を押し付けると、

良かれと思って指摘しててもそれはその人の好みを無意識に否定しちゃう。

それって楽しくないよね。

その人は自分が美しいと感じモノをその人なりに作ってるんですよ。

そう感じたものが他の人からも有用だと思って貰えたならそれは素晴らしい事だよね。

創造性の余地を残したい。

何かこう、色々見てると、あーしなきゃだめ。こう書いたらダメ。

こう書いてるやつは分かってないとか、デザインパターンが~、とかとか。

プログラミングは確かに型にはめるとすごく楽だし、

多分きっと、生産性も品質も良くはなるんでしょう。

でも、つまんなくね?

その型を考えた人は楽しいかもしれないけど、

やらされてる方は、毎回毎回同じ感じのコード書くだけになるので

はっきりいって苦痛。

こういう統制がとれた美しさみたいなものもあるでしょうし、

そこが美しいと感じる人もいるでしょう。

でも、つまんなくね?

って、自分もそういう枠組みを考える側なのですが、

どうにかして、実際に作ってる人、個々人の創造性みたいなものを

出せるような感じにしたいのです。

ただ単に自由にさせるだけじゃもちろんダメなんですけど、、、製品としてはね。

確かに、ある側面では明らかにダメな実装っていうのは一杯あると思いますが、

それを書いた人が、何でそう書いたのか、それが何でいいと思ったのかは

ちゃんと聞いてみないとですよね。。。

まーでも、コピペでしかPG書いたこと無いような人も結構いるし、

創造性を出せるようにーとか自分が鼻息荒くしたところで、って感じもする。

プログラム作る事を楽しんでないとやっぱダメよね。

「we ought to give the programmer-user a chance to direct his creativity into useful channels.」

プログラマーが自分の創造性を有用なチャンネルに向ける機会を作りましょう。

CentOS8をVirtualBoxでインスト、ついでにMariaDBとRedis

CentOS8が出てたので、VirtualBoxでとりあえずインスト。

centos8のisoをDL

現時点で「CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso」

VirtualBoxで適当に作成。

新規作成で枠を作ってから、設定でストレージ⇒コントローラ:IDE⇒CDマーク押してDLしたISOを選択してから起動。

インストールの流れはCentOS7と変わらずかな?

ソフトの選択でサーバGUI選ぶのかワークステーション選ぶのか迷うくらい?

そーいえば、.netCoreの開発みたいなアドオンが出てた。あとで試してみよ。

そしたら色々更新。

dnf -y update
dnf -y install epel-release
dnf -y groupinstall "Development Tools"
dnf -y install dkms bzip2 gcc make kernel-devel kernel-headers

CentOS8からyum ⇒ dnfに変わったらしい。

「yum install」でも動くんだけど、dnfへのリンクになってるだけなんだってさ。

で、GuestAddtionのインストールをするのですが、

前はデバイス⇒GustAddtion選んでたと思うのですが、やってみるとエラー。

何でかなと思ったらどうも既にCDが入ってる事になってるらしい。

なので、アクティビティ⇒ファイルでVBox_Guest~~みたいなのがあるので選択してソフトウェアの実行すればOK。

割とハマらずにウィンドのリサイズとかクリップボードの共有とかできるようになってる。

よかたよかた。

ほいで、CentOS8はPython3がデフォになってるそうで。

でもコマンドが「python3」みたいなので、うーん。

いつも通り仮想環境作るか。。。

そしたら色々触ってみましょかね。。。

ひとまず、MariaDBとRedisをインストする。

MariaDB

MariaDBなんだけど普通にやるとまだCentOS8に対応してないよーって出る。

なので↓。

# dnf localinstallで必要なrpmをもってくる
curl -O https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb-10.4.8/yum/centos/mariadb-10.4.8-rhel-8-x86_64-rpms.tar

# 解凍
tar xvf mariadb-10.4.8-rhel-8-x86_64-rpms.tar

# 解凍先に移動
cd mariadb-10.4.8-rhel-8-x86_64-rpms

# インストール
sudo dnf localinstall -y galera-4-26.4.2-1.rhel8.0.el8.x86_64.rpm MariaDB-client-10.4.8-1.el8.x86_64.rpm MariaDB-common-10.4.8-1.el8.x86_64.rpm MariaDB-server-10.4.8-1.el8.x86_64.rpm MariaDB-shared-10.4.8-1.el8.x86_64.rpm

# サービスの有効化と起動
sudo systemctl enable mariadb
sudo systemctl start mariadb

# rootのパスワードとかの設定(最初にパスワード聞かれるけど、空のままエンター)
sudo mysql_secure_installation

#いちを再起動
sudo systemctl restart mariadb

MariaDBは10.4.8じゃないとCentOS8で動かせない様子。

新しい分には別に良いか。。。

Redis

Redisは何か楽になった。

Redis5.0っぽい(2019/11/2)

# インストはこれだけでイケた
sudo dnf install -y redis

# サービスの有効化と起動
sudo systemctl enable redis
sudo systemctl start redis

# 動作確認
redis-cli

# ↑のクライアント上で↓打って PONGって出てくればOK
ping

# いったん抜ける
exit

# ちょろっと設定
sudo vi /etc/redis.conf 

bind 127.0.0.1
↓
bind 0.0.0.0

requirepass  <パスワードを入れる>

# 再起動
sudo systemctl restart redis

# もう一回クライアント
redis-cli

# pingでこんどは「(error) NOAUTH Authentication required.」って出ればOK
ping

# そしたらログイン
auth <上で指定したpassword>

# もっかいpingで、PONGって出ればOK
ping

両方ともインストールはなんか楽になりましたね。。。

「Computer Programming as an Art」機械翻訳

クヌースのチューリング賞受賞時の講演の論文?

日本語訳が見つからなかったので、とりあえず適当にGoogle翻訳でつけた。

メモ用に挙げとく。後で校正する。

訳付き

原本

.net MVCで「roslyn\csc.exe」のエラー

最近、どこからか.netMVCをCloneしてビルドすると↓のエラーが出た。

'bin\roslyn\csc.exe' パスの一部が見つかりませんでした

で、これが出たら↓

パッケージマネージャコンソール(ツール⇒Nugetあたり)

update-package Microsoft.CodeDom.Providers.DotNetCompilerPlatform -r

csc自体はc#のコンパイラだったと思うんだけど、これが見つからないってこと?

ちょっとなぞ。

むかーしむかし、IEのDLLホスティングっていうのがありまして、

そん時に確か、何かのDLL使おうとした時にcsc.exeがねーってエラーが出た記憶があるなー。

だから何だって話ですけど。

参考サイト↓

https://kotaeta.com/62165347

禅とプログラミング

最近Python触ってるんですが、

Pythonには「The Zen of Python」っていう設計思想みたいなものがある。

で、禅って割とシステムとか作ってる人に受けがいいのかなーと思った。

スティーブ・ジョブスなんかも禅が好きだったらしいですよね。

Googleも社内研修みたいなのに、禅の瞑想入門講座みたいなのがあって結構人気があるとか。

エンジニアじゃないけど、イチローも禅が好きみたいな話は聞いたことある。

で、禅って何のかなーって考えてみた。

スティーブ・ジョブズの禅の話とかはコノのサイトにちょっと書いてある。

で、その中で、

「彼はマーケティングを一切しなかった。座禅によって自分の中に下りていき、自分が本当に望むものを徹底的に見ようとした。自分の深いところから来るものを作るから、製品は相手の深いところを揺さぶる力を持っていた。自分は一体何を望むのか。それを探るのが彼の究極のマーケティング・リサーチだったのでしょう」

ジョブズが2005年に米スタンフォード大学の卒業式で行った有名な演説がある。「私は毎朝、鏡の中の自分に向かって、『今日が人生最後の日だったとしたら、今日の予定をやりたいと思うだろうか』と問いかける。『ノー』の日が続いたら、何かを変えなければいけない」

「自分に日々問いかけ、その時に本当にしたいことをしなければいけないと言っている。普通はそう思ってもなかなかできない。だって空気を読んで、皆に好かれる生き方をした方が楽だから。しかし、ジョブズは違った。深く下りていき、普段のモノの見方とは違う、もう一つの視点をキープしようとした。そのために坐禅を使ったのでしょう」

という事らしい。。。

仏教的には悟りの体験って事なんでしょうか。

wikiを引用すると↓。

悟りというものは自分の心で自分の心を確認し、自分の心で自分の心を理解するものである。他人に頼って何かを明らかにするとか、自分以外の何かを利用して体得するようなものではない。

悟るためには何よりもまず坐禅の実践によって自分自身と向き合うことが肝要である。

自分の中にあるものを見つめ直す的な。

で、何かを得ようとするんじゃなくて、要らないものを捨てていって、

最後まで残ってるものが大事なコトみたいに考えるのかしら。

Simple is Bestっていうしね。

考えてみるとクラス設計みたいな事にも通ずるものがあるのかなーと。

例えばオブジェクト指向でいうと継承。

継承って、良くある説明だと「犬⇒哺乳類⇒動物」みたいな。

で、親クラスの性質を引き継ぐみたいな感じじゃない?

じゃー犬の性質、動物の性質ってなんなんでしょ?

その概念に必要な性質ってなんだろうか。って事を考える必要があるわけで。

概念を構成するもの、概念に共通しているコトなんかを考えないといけないよね。

そういうものを考えるアプローチとして例えば、

「is-a」、「has-a」っていう関係性を考えるってものがあるじゃない。

is-aは分類的な思考、has-aは分割的な思考ですよね。

分類できるって事は何かしらの共通項があるって事。

継承を考える時はそういう概念的な共通項を見出して、

この概念であるにはこうなってなきゃいけない的にプログラムを構成すると思うのです。

この共通項を見出すって事が、いわゆる本質を探るって事なんでしょう。きっと。

で、共通項を探るためには、不要な要素は全部そぎ落としていって、

最後に残っていったものが共通項みたいな見方もできるじゃない。

なので、禅にも通ずるのかなーなんて思った訳です。

他には、禅はある意味で自分本位の考え方かなと。

他の人がどう考えてるとか、ユーザのニーズがーとかそういう事じゃなくて、

自分がしたい事、思ってる事は何のかってコトを突き詰めていく感じ。

そういう精神性が例えば、The Zen of Pythonなんかだと、

Now is better than never.

やらないよりは今やれ

COBOL作ったホッパーさんが言うところの

It's easier to ask forgiveness than it is to get permission.

許可を得るよりも許しを求める方が簡単です。

って事なんだろうなーと思った次第です。

で、「ニーズに応える」よりも「ニーズを作り出す」っていう事の方が、

インパクトとしてはデカいと思うんですよ。

「ニーズを作り出す」には周りをうかがってても出てこないんじゃないかなと。

自分がしたいと思った事をやってみることで「ニーズが生まれる」じゃないかと思った次第。

もちろん、自分がしたいと思った事が他の人のニーズになる事はきっと稀でしょう。

上手くはまったのが、スティーブ・ジョブズなんだろうなと。

で、自分のやりたい事をやるのが良いんだ、みたいな論調に記事の中とかでは

言ってたりすると思うんですが、多分それは禅ではないよね。

そういう記事に書かれてる事、スティーブ・ジョブズがやってた事、

そういうのを意識した時点で禅じゃないんだろうなと。

あくまでも自分の中で生まれたものが禅なんでしょう。

ジョブズみたいに、やりたい事をやった結果でニーズを生みだす人もいれば、

そういうニーズに応える事にやりがいを感じる人もいるでしょうし。

その人によりけりですよね。やっぱ。

こういう人それぞれの自分の中で大事なコトっていうを尊重してくのが

禅であって、多様性みたいな事なんだろうなと思った次第です。

CentOS + VirtualBoxでブラックスクリーン

VirtualBoxでCentOS動かしてる時に、

OSの起動ステータスが終わってGUIに切り替わる瞬間に

たまにブラックスクリーンになる。

電源落として何回か上げなおしてみても治らない時の対処。

この症状の場合はOSの起動までは出来てて、GUIの起動でこけてる時。

なので、ブラックスクリーンになったら、

「ctrl + alt + F2」を押す。

それでコンソールになるので、コンソールでログインする。

ログインしたら、「startx」。

で、GUIが起動すると思うので、起動したら再起動する。

※デスクトップのディレクトリ名を英語にするか?みたいなのが出るけどしないにしておく。

これでだいたい治る。何かに引っかかってるんだろうか。

いまいち原因が分からない。

いちを、「/var/log/Xorg.0.log」にGUI起動時のログは出てるんだけど

正常時となんか変わってないような気がする。

そもそも、毎回「vboxvideo」みたいなモジュールがねーってエラーが出てるっぽいんだけど、

ちょっと良く分からないですね。。。

Pythonの今やれ論

Pythonで「import this」ってやると設計思想(The Zen of Python)みたいなものが出るのは有名な話。

その中で「Now is better than never.」っていうのがある。

「やらないよりは今やれ」って話。

まーよく言われるコトなんですが、

ふと思い出してみると、COBOL作ったホッパーさんも同じコト言ってるなーと。

「It's easier to ask forgiveness than it is to get permission.」

「許可を得るよりも許しを求める方が簡単です。」

とりあえずやってみて、うまくいかなかったら謝ればいいじゃん的な。

PythonのThe Zen of Pythonの方はコード的な説明がされてたりもするけど、

これってPythonを開発してる人向けなモノの気がするので、

どっちかっていうと、「とりあえずやってみて反応を見るっていうのも有りだよ」って話だと思ってる。

会社で仕事してると、どうしても周りとか上司にお伺い立ててちゃう感じに

刷り込まれるのでホウレンソウとかさ。

まー組織としてはそれが健全なのかもしれないけど、

新しいモノみたいなのはそれだと出にくいよね。やっぱ。

で、管理職系の人らって「アイディアをー」とか「新規事業~」なんかが

やたら好きでわーわー言うのに、「え?アンタは何してんの(してきたの)?」って

感じの人ばっかなので、なんだかな~って。。。

周りは気にせず色々やりましょうって話にしかなんないけど、色々難しいよね。

あと、Pythonの方はこれに続くのがあって、

「Although never is often better than *right* now.」

「でも、今"すぐ"にやるよりはやらないほうがマシなことが多い。」

一言に「とりあえずやってみる」って言っても、考えなしにただやればいいってもんじゃないよね。

修正をしやすくしてみたり、色々吟味は必要でしょう。

その辺の折り合いは結構難しいですね。。。

問合せ