Pythonで「import this」ってやると設計思想(The Zen of Python)みたいなものが出るのは有名な話。

その中で「Now is better than never.」っていうのがある。

「やらないよりは今やれ」って話。

まーよく言われるコトなんですが、

ふと思い出してみると、COBOL作ったホッパーさんも同じコト言ってるなーと。

「It's easier to ask forgiveness than it is to get permission.」

「許可を得るよりも許しを求める方が簡単です。」

とりあえずやってみて、うまくいかなかったら謝ればいいじゃん的な。

PythonのThe Zen of Pythonの方はコード的な説明がされてたりもするけど、

これってPythonを開発してる人向けなモノの気がするので、

どっちかっていうと、「とりあえずやってみて反応を見るっていうのも有りだよ」って話だと思ってる。

会社で仕事してると、どうしても周りとか上司にお伺い立ててちゃう感じに

刷り込まれるのでホウレンソウとかさ。

まー組織としてはそれが健全なのかもしれないけど、

新しいモノみたいなのはそれだと出にくいよね。やっぱ。

で、管理職系の人らって「アイディアをー」とか「新規事業~」なんかが

やたら好きでわーわー言うのに、「え?アンタは何してんの(してきたの)?」って

感じの人ばっかなので、なんだかな~って。。。

周りは気にせず色々やりましょうって話にしかなんないけど、色々難しいよね。

あと、Pythonの方はこれに続くのがあって、

「Although never is often better than *right* now.」

「でも、今"すぐ"にやるよりはやらないほうがマシなことが多い。」

一言に「とりあえずやってみる」って言っても、考えなしにただやればいいってもんじゃないよね。

修正をしやすくしてみたり、色々吟味は必要でしょう。

その辺の折り合いは結構難しいですね。。。